一戸建てと空調設備について

ホームへ戻る >  タッチパネルパソコン  > 一戸建てと空調設備について

空調設備は快適な生活環境になくてはならないものです。もはやエアコンが設置されていない一戸建ては考えられないでしょう。それだけに、家を購入する際には空調設備に関するチェックも必要となります。


一戸建てにおける空調設備は大きく2つのポイントがあります。まずエアコンの種類と設置場所。それから家そのものの構造。後者に関しては部屋の広さや開放性、間口、断熱性や気密性などさまざまな要素が絡んできます。空調に優れた環境なら冬場は暖房要らずで過ごすことができますし、夏場もエアコンの温度設定を最低限で済ませることが可能です。現在一戸建てでは吹き抜けを使用するなど開放性が重視される傾向が見られますが、あまり開放感ばかりを重視すると冬場に寒さや暖房の効率の悪さに結びつくので注意が必要です。

それからエアコンの種類。これには大きく分けて2つの種類があります。ひとつは個々の部屋に設置する方法。もっとも一般的な方法です。ただすべての部屋に設置するにはコストがかかる点、設置しているところとそうでないところに大きな温度差が生じてしまうといった問題もあります。もうひとつが中央式空調と呼ばれるもので、家全体をひとつの設備で空調を行い、ダクトを使用して建物やフロア全体に空気を行き渡らせる方法です。家・フロア全体を効率よく空調することができるため、効率のよさが大きなメリットです。その一方で家族ひとりひとりの生活リズムが異なっている場合は逆に無駄が多くなってしまう面もあります。


このように、空調ひとつとってもどのような環境にするかで日常生活に大きな影響が生じます。一戸建てを建てる際には入念な検討を行ったうえで選択するようにしたいものです。