矯正歯科(7~10歳)

ホームへ戻る >  健康診断予約の流れ  > 矯正歯科(7~10歳)

7~10歳くらいが矯正歯科で矯正を行う最も適した時期です。永久歯の前歯と奥歯が生えそろってくる時期だからです。子供の様子を見て、何かおかしいなと思った場合、あるいは学校の歯科検診で指摘された場合には、一度矯正歯科を受診し、検査してみることをおすすめします。 


矯正歯科では、前歯のでこぼこ、すきっ歯を改善することができます。また、これから生えてくる小臼歯や犬歯のために、隙間を作っておくことができます。上あごや下あごの骨格のバランスを整え、正しい方向にあごを成長させることができます。特に、「正しい方向にあごを成長させる」というのは、この時期にしかできない治療法なので、意義が大きいです。

ただ、治療に適した具体的な時期となると、個人差があります。あごの成長の時期などは、上あごと下あごで違ってきます。矯正歯科で検査し、あごの成長の度合い、でこぼこの状態を把握し、適切な時期を見極めることができます。虫歯治療の際に用いられるパノラマX線規格写真(セファロ)を撮影します。受診して間もなく治療開始となることもありますし、今はまだその時期ではないと判断されることもあります。成長の程度に応じて、最適な時期で治療開始となります。 


今すぐに治療が必要ないと判断された場合、半年に一度、矯正歯科を受診することになります。検診時に永久歯への生え変わりの状況や、あごの成長を確認し、ベストな時期を探していきます。合わせて虫歯チェックやフッ素の塗布などのケアも行います。