ウェディングドレス・格安の理由とは

ホームへ戻る >  健康診断予約の流れ  > ウェディングドレス・格安の理由とは

格安ウェディングドレスをいまいち信用できないという方も実際にいらっしゃいます。どうして5万円台の格安で新品のウェディングドレスを提供できるようになったかを調べてみました。生地の大量仕入れを行うことで生地の単価を下げることができます。ドレスには生地をふんだんに使用しますので大量仕入れをすることでコストが大幅に下がるのです。在庫を持たない受注生産のシステムは倉庫料などの負担を下げます。サイズオーダーに対する経費負担はありますが、パターンの展開などもCADなどのコンピューターで行うことが多くなりましたので、ここでもウェディングドレスの格安価格へ反映させられるようになりました。

縫製なども外注にせず自社工場で賄うようにする工夫もあります。海外に設けた自社の縫製工場で現地の縫製職人に仕事を任せることで、人件費を削減し、ドレスのクオリティを上げるという考え方をもつ工房もあります。自社内で仕事を完結させることで諸掛等の経費も削減することができます。インターネット販売を行うことで、さらにコストを下げることができます。


このような、さまざまな工夫によって、格安のウェディングドレスの供給ができるようになったのです。中には、レンタル落ちやリサイクル品を中心に仕入れたウェディングドレスを格安で販売しているお店もありますが、新品のドレスでも安価に購入できるのはとても魅力がありますね。少しでも結婚式の経費を浮かせたい方は、検討されることをお勧めします。