総入れ歯使用の注意事項

ホームへ戻る >  矯正歯科について勉強してみよう  > 総入れ歯使用の注意事項

総入れ歯の使用には、日常的に忘れがちな注意事項があり、それらをしっかりと確認することが重要です。まず、装着当初は慣れないので、食べにくいしんなりしたメンマなどは避ける。食べやすいものを選択する。噛む方が片側に偏らないようにする。入れ歯には温度感覚がないので熱いものには注意をする。日常での発音がしにくいことがあるのでしっかりと発音練習をする。最初は痛みや違和感がある場合があるのでその場合は徐々に装着時間を延長していき決して無理はしない。痛みがある時は歯医者さんに相談し、装着はしない。顎の大きさに合わなくなることがあるので定期的な調整を忘れないようにする。以上の本当に簡単なことですが、総入れ歯に関してはこの簡単なことが中々難しい傾向にあります。装着当初はより綿密に歯医者さんに相談することを心がけ痛み等が出た場合には我慢しないことが大事です。

今回ご紹介した中で定期的な調整という部分はどうしても忘れがちになりますが、車などと一緒で定期的なメンテナンスをしないと大きな故障の原因にもなりえます。人間の顎部分は日常生活の中でどうしても変化して行く部分なので、定期的に歯医者さんに見てもらいなるべくならば違和感、痛みが出る前に入れ歯を調整をしてもらうのがベストです。しっかりと管理していればそれほど難しいことではないと思いますので、良い日常を送る為にも徹底しましょう。