歯周病と日常生活

ホームへ戻る >  矯正歯科について勉強してみよう  > 歯周病と日常生活

歯周病の原因としては不十分な歯磨きによる口内の衛生環境の悪化や、老化による免疫機能の低下などがおもなものとして挙げられます。しかしそれ以外にも日常生活の中には原因となるような要因がいくつか考えられています。


たとえば噛みあわせ。日ごろの食事の際、片方の歯だけで噛む習慣がある場合や固いものを好んで食べる場合、歯根に負荷がかかってヒビが入ってしまう場合があります。そこから細菌が侵入して繁殖してしまうことがあるのです。また歯並びが悪い場合、歯磨きの際にブラッシングが十分に届かずに磨き残しが多くなり、細菌の繁殖の温床となってしまうこともあるのです。


歯茎を傷つけやすい環境にも注意が必要です。そこから炎症が発症し、症状が拡大してしまうこともあるからです。歯ブラシの際、力を込めすぎてしまう、あるいはデンタルフロスや歯間ブラシを使用する際に歯茎に負担をかけてしまうといった場合にとくに注意が必要です。また食後に爪楊枝を使用する習慣を持っている人も歯周病のリスクを増やすことがあるので注意したいところです。


そのほか、糖尿病や高血圧といった生活習慣病が歯周病の原因となってしまう場合もあります。さらに厄介なことに歯周病が生活習慣病を悪化させるケースもあるといわれており、厄介な悪循環にはまってしまうこともあるのです。


このように、歯周病の原因は日常生活の習慣に潜んでいる場合も少なくありません。それだけに日々の生活の中で注意していくことも必要になるのです。