矯正歯科で気をつけること

ホームへ戻る >  リフォーム会社に頼む「キッチン編」  > 矯正歯科で気をつけること

矯正歯科で歯列矯正を受けるときには、気をつけなければいけないことがたくさんあります。医師からその旨は説明されるのですが、それでも忘れてしまうという方はたくさんいます。しっかりと矯正治療を受けるのなら、こういう気をつけなければいけないことは、しっかりと守るようにしましょう。


矯正歯科での治療は、歯に矯正装置をつけることで歯並びを良くするというものです。この矯正装置にもさまざまなものがありますが、一般的なのはブラケットと呼ばれるものを歯につけて、ワイヤーで矯正するというものです。これはさまざまなタイプの歯並びに対応することができるので、歯列矯正といえばこれを思い浮かべる方がほとんどです。

矯正歯科で治療を受けるときに使用する器具は、歯の構造を複雑にします。そのため今までと同じような歯みがきをしていても、しっかりと歯垢を落とすことができません。その器具部分についてしまった汚れも虫歯や歯周病を進行させる原因になるので、今まで以上に歯みがきに力を入れるようにしましょう。


矯正歯科での矯正器具には、着脱式のものやゴムを自分でつけなければいけないものもあります。面倒だからという理由でこれらを使わずにいると、治療期間は確実に延び、そのせいで余計なお金がかかってしまいます。矯正歯科を利用するときに気をつけなければいけないことはたくさんありますが、最低限これらのことは覚えておいてください。

これらのこともできないようでは、しっかりとした治療を受けることは不可能です。