歯の矯正の際の痛み

ホームへ戻る >  リフォーム会社に頼む「キッチン編」  > 歯の矯正の際の痛み

歯の矯正の際の痛みは、器具を装着をした数日だけです。歯が移動をしている際も痛みを感じることがありますが、痛くて仕方ないほどの痛みではありません。数日で痛みも治まってしまうものです。痛みに耐えられない場合には、痛み止めをもらうことも出来ます。元々の歯が移動するのですから、多少の痛みや違和感を感じることは仕方のないことです。歯の矯正の際の痛みは、2~3日でなくなるものですから、数日の我慢で慣れてしまうでしょう。じわじわと歯に力を入れることで綺麗な歯並びにしていくのですから、まったくの無痛で行うことのほうが難しいものかもしれません。取り外しの可能な器具であれば、違和感を感じた場合に外すことが出来ますが、痛みのたびに器具を外していたのでは治療になりません。

異常な痛みではない限りは出来るだけ装着をしたままでいることです。痛みがひどくなってきた場合には、我慢をする必要はありません。先生にすぐに相談をしてみましょう。痛みで食事も出来ないようでは困ってしまいますね。歯の矯正の際の痛みは器具を取り外す際にも起こります。これは、外すときだけの痛みですから怖がる必要もありませんよ。歯の矯正の際の痛みにもいろいろありますから、自分の矯正の中でどうして痛みが出てしまっているのかをわかるようにしておくと安心に治療を進めていくことが出来そうですね。