注文住宅と大工の種類

ホームへ戻る >  環境共生住宅の建築とは  > 注文住宅と大工の種類

注文住宅を建てる大工と一口にいっても、実はさまざまな種類があります。私たちが知っている一般的なものから、普通ならほとんど関わり合いになることがないものまで、多くの種類があるのです。それでは実際にはどれだけの種類があるのか、簡単にまとめていきます。


私たちがよく知るものとして、家屋大工があります。こちらは一般的な木造住宅の建築に携わっている人々のことです。町大工は今となってはほとんどない形式ですが、より規模の大きな仕事に携わる職種と考えればわかりやすいでしょう。他には、木造枠組壁構法で家屋を作る、2×4(ツーバイフォー)、プレハブというものもあります。

また、神社・仏閣の建造を行う仕事に携わる人々のことを宮大工といいます。この業界では一般的な工法とは異なる技法が伝わっています。釘を使わずに接木を行う方法などは一般的な建築物には使われませんが、神社・仏閣では必要な技法です。ちなみに地域によっては寺社大工と呼んでいる地域もあるそうです。


建築物とは毛色が異なるものとして、船大工があります。これは文字通り船を作る人々のことを指しますが、現在は木造の船を作るようなことはなく、造船業者が主流になっています。この他にも障子やふすまを作ることを主としている仕事としている業者、家具を作ることを専門としている業者、コンクリート打ち込み用の型枠を作る業者、マンションの内部造作を行う業者があります。このように職種にはさまざまな種類があり、今は数が少なくなった者も含めて、さまざまな役割を持っているのです。