一戸建て購入と住宅ローン

ホームへ戻る >  環境共生住宅の建築とは  > 一戸建て購入と住宅ローン

一戸建てを購入する際一戸建てを購入する際の費用をねん出する際には、銀行からの融資を受けられる方がほとんどでしょう。銀行では、住宅ローンとして、融資商品を取り揃えています。返済期限が最長で35年ほど、金利は銀行などに設定に伴いまちまちですが、固定金利・変動金利等を選択することができます。


金融情勢の変化に伴い見直しを行うところがほとんどです。地方銀行などでは、給与振込指定口座としての取引がある、預入金額が規定以上ある、規定年数以上の取引がある等の条件が満たされれば優遇金利が適用され通常より有利に住宅ローンの融資を受けることができる事もあります。都市銀行などでも勤務先の福利厚生の関係で金利が優遇される場合もあります。融資を受けたい銀行があれば、事前に見積などを依頼されると良いでしょう。毎月の支払いシュミレーション等をつくってもらうことができますので、一戸建てを建てる際に無理がある借入にならないかなどを検討することができます。

住宅ローンは誰にでも適用されるものではありません。融資を申し込んだ方の返済終了時の年齢を考慮して、融資申込金額すべてを借入することができない場合もあります。また年収・家族構成・勤務先または融資申込者の信用状況等によっても審査が通らない事もあります。支払いが滞ってしまいますと、銀行が訴えを起こして裁判所から担保差し押さえ命令等が下り、せっかくの一戸建て住宅が差し押さえられ、競売物件と化してしまうこともあります。このような悲しい結末にならないためにも、毎月の支払い計画は事前に把握されることをお勧めします。