不動産でエコ

ホームへ戻る >  環境共生住宅の建築とは  > 不動産でエコ

環境に優しいといわれるエコ住宅環境に優しいといわれるエコ住宅、省エネ設計の不動産が人気を博しています。例えば、壁や床などに断熱材を入れることで、冷暖房の費用を節約するといった建築が行なわれています。最近では機密性の高いドアや窓も採用されており、光熱費の軽減に大きな効果を発揮しています。冷暖房の仕様効率を向上させることで生活コストを削減し、さらには二酸化炭素の排出を抑えて環境保全に貢献する、それが不動産によるエコ活動の効果です。


不動産の省エネ性能については、「次世代省エネルギー基準」という基準が定められており、性能の目安を知ることができます。さらに、太陽光などの自然エネルギーを活用する一般住宅や、環境に配慮した自然素材を多く用いる建築技術など、地球環境に配慮した不動産が続々と建築されています。

不動産 ホームページ制作
http://www.greentree.co.jp/10estate/

代表的な例としては、高性能な断絶材を用いた「外張り断熱工法」や、電力を熱に変える「エコキュート」などが知られています。これら不動産に取り入れられたエコ技術は、環境への貢献と、光熱費の削減という2つのメリットを併せ持っている点が共通しています。さらに最近ではエコ住宅などに対する補助金制度も運用されており、設置に当たっては費用の一部を国や自治体に負担してもらうことができます。これらのエコシステムは、ランニングコストが安い代わりに、初期投資の費用が高くなるので、補助金の制度を上手く利用しましょう。各補助金は、期限が設けられている場合があるため、金額などと合わせて申請前に確認はお忘れなく。

不動産会社ホームページ
http://www.greentree.co.jp/10estate/